Loading...
florever(フロールエバー)デジタルカタログを見る

INTRODUCTION

プリザーブドフラワーとは

“プリザーブド”とは“保存”という意味です。
プリザーブドフラワーとは、生花の組織を保ちながら、水分とプリザーブド液をすりかえる特殊な加工方法、すなわち生花の水分を抜くことでバクテリアの発生を抑え、抜いた水分に代わるプリザーブド液によって瑞々しさと柔らかさを保ち、生花のようなしなやかさを長い間楽しむことができる加工方法です。

水を与える必要がない上、また生花より軽く、プリザーブド液と一緒に色を吸わせることで様々な色のバリエーションが楽しむことができる、生花とドライフラワーの両方の良さを兼ね備えた画期的な花材です。

プリザーブドフラワーの歴史

プリザーブドは「葉」にグリセリンを吸わせ、長くもたせることが加工の始まりです。
その手法は20年以上前から取り入れられていましたが、現在のように色を入れるものではなく自然な色をそのまま活かすものでした。
その後ベルギーでバラの加工技術も開発され色を吸わせたプリザーブドフラワーが生まれました。
また、この加工技術とは別にコロンビアでもプリザーブドフラワーの加工技術が新たに開発され、これが後のフロールエバーとなります。
日本に初めて入ってきたプリザーブドフラワーはベルギー産のものでしたが、日本で根付き始めたのは今から約15年前、フロールエバーの入荷が始まってからのこととなります。
その後、教室・ブライダル・ギフトのマーケットで急成長し、現在では生花店での取り扱いも広がっています。

FLOREVER フロールエバーとは

花の国コロンビアはフロールエバー発祥の地。
南米アンデス山脈は2,600~2800mの肥沃な土地を有し、一年を通して常春のような気候、標高が生む昼夜の温度差があり、バラやカーネーションを始めさまざまな花の栽培に適した条件を兼ね備えています。
コロンビアの生花は世界第二位の輸出量を誇り、その品質には定評があります。
また、更なる安定供給とバリエーションの提案を増やすために、複数拠点にて生産することになりました。

フロールエバーでは、生花の多くが工場周辺にあるプリザーブド専用農園で丹念に育てられています。 新鮮な生花の中から加工に適する花を厳選し、独自の技術で加工を施すことにより、生花により近い感触と透明感を実現し、花弁が肉厚でしなやかなのが特徴です。

その製造過程においても、加工溶液や着色料には食料品や医薬品、衣料品に使用されているものを用いることによって、人体や環境に対して最大限の配慮をしています。

プリザーブドフラワーの歴史

フロールエバーと環境

フロールエバーは厳しい品質管理の下ハイクオリティーな花材を提供するとともに、環境への配慮も重視しています。

生花を育てる段階では、雨水を溜めて花の栽培に利用することで地下水の過剰なくみ上げを抑え、また農薬を極力使用しないようにしています。

プリザーブド加工する際にも、フロールエバーでは使用した化学薬品のリサイクルや無害化の徹底による環境負荷の軽減、工場排水の浄化設備を設置し、排水の再利用、工場内の環境をクリーンに保つことによる従業員の健康への配慮など、環境や人体への影響を十分考慮した生産を行っています。

私たちは健全で肥沃な大地がより質の高い花を育むと考えているのです。

  • 社会貢献活動

社会貢献活動

フロールエバーでは、プリザーブドフラワーを通じて日本とコロンビアの友好を深めていきたいと考えています。

その一環として、コロンビアの両親のいない子供達が、パソコンやパン作りの実習といった職業訓練をうけることができ、将来の自立を手助けする施設として、2006年にフロールエバーハウスを設立しました。施設内には、パソコンルームや調理施設、図書館などを完備しています。

近年、フロールエバーハウスの趣旨に賛同して下さった皆様より、チャリティーイベントの開催や寄付を頂き、それらは施設の運営そして子供たちの大きな支えとなっています。また、2008年には安倍晋三氏(第90・96・97代内閣総理大臣)と昭恵夫人(第5回フロールエバープリザーブドフラワーコンテスト特別審査員)がフロールエバーハウスを訪れ、子供達と一緒に折り紙などの日本の遊びを楽しまれました。

両親がいないという環境の中でも、明るくたくましく生きていこうという子供たちを、フロールエバーはサポートしています。